顎関節症とは

口を開けたり閉じたりするときにあごが痛い、口が左右に動いたり違和感がある、口があけにくい(開口障害) カクカクジャリジャリ音がする(関節雑音)
かたい物を噛むと顎が痛くなるなどの症状がある状態の総称です。
顎関節に特に異常がなくても口を動かしたときに顎に違和感を感じる症状は顎関節症ということです。

顎が痛くなった原因

顎が痛そうな女性

①噛むときに片側ばかりかむ癖
左右どちらかの片側ばかりの顎で硬い物を噛む
ふだんの食事などでも片側ばかりで噛む
このような癖は顔の頬の筋肉のバランスをくずし、顎関節に負担をかけます。

②歯ぎしり、くいしばり、頬杖、歯のかみ合わせの異常
歯ぎしりやくいしばりは無意識におきる現象ですが、もともとの原因は体のゆがみや頸肩腕の疲労やズレです。
頬杖や歯のかみ合わせの異常は顎関節に負担をかけます。

③頸椎や頭蓋骨のゆがみズレの影響
体の使い方のくせや精神的な緊張やストレス、不眠、自律神経の乱れなどで頸椎や頭蓋骨がゆがむと顎関節に負担をかけます。
実際、顎が痛む原因はこれらの要因が複数絡み合って顔の頬の筋肉の硬直やアンバランス、顎関節のゆがみズレがおきて発症します。

顎関節の専門整体では
このようなお悩みを解決します

顎が痛そうな女性

口をあけると顎が痛い 口があけにくいので食事や会話が楽しくない

口をあけたり物を噛むときやあくびをすると顎の奥が痛い。
このような症状は首や頬、側頭骨の筋肉やスジがこりかたまっていることが原因です。
片側ばかりで噛んでいたり固い物を噛んだときに関節がズレたときにおきやすい症状です。
顎周りの硬化した筋肉を緩め首や肩なども調整すると解消します。

口をあけたり閉じたりするときにカクカク音がする

音がするのは顎関節のズレが原因で関節雑音とかクリック音と言われています。
痛みを伴うケースと痛くないケースがありますが、放置しておくと痛みが増強することがあります。
この顎関節のズレは首や側頭骨、頬の筋肉の硬縮など諸要因でおきる症状なので全身の調整が必要です。

口をあけて顎が痛そうな女性
マウスピース

他院で治療や施術をうけているがなかなか改善しない

治療は主にマウスピースをつけて経過観察になります。
かみ合わせの修正や歯ぎしり防止には効果があるかもしれませんが顎関節症はさまざまな要因が絡んでいるのでそれだけでは不十分です。
施術はその院によってそれぞれ施術法が違います。当院の実績のある施術をうけてみてください。

顔のゆがみまで気になってきた

顎関節症を放置していたり慢性化すると顔の左右のバランスがくずれてしまい、 頭蓋骨のゆがみもでてきます。
ゆがみを整える施術をおこない、ストレッチなどアドバイスして改善を促します。

顔をおさえている女性
首肩こり施術

顎だけでなく首肩こりもつらい

整体は顎だけを何か調整するわけでなく全身を調整しながら顎の不調を回復させます。 頭痛、首肩こり、ゆがみなども連動して解消するので体がとてもラクになります。

顎の不調を解消し首肩こり
も一気に解消する整体施術

院長の顔

松本市のぞみ整体院の小林です。
顎関節症は顎関節になんらかの負担が生じて不具合が生じる症状です。 なんらかの負担は物をかむ時のかみ癖や歯ぎしり、くいしばりによる顔面や頭蓋骨のゆがみ、 あるいは体のゆがみや首の頸椎のゆがみ、肩こり首こりなどが複合して発している症状です。 これらを解決すれば顎の不具合は解消されます。
顎関節症が治りにくい原因は、顎ばかりをみているからです。
全身をみて顎関節の不調を改善するには整体施術が適しています。
10年以上いろいろな方の顎の不調を改善させてきたデータを基に創り上げた施術です。
歯の調整、マウスピースして経過観察 このような治療をうけて改善されなかった方が当院の施術で改善されています。 顎の不調、不具合でお悩みの方 のぞみ整体院にお任せください。

顎関節症が発症する流れ

顎に手を当て痛そうな女性

片側の歯で硬い物を噛む、片側の歯でくいしばるくせがある、首肩のこり痛み、アンバランスな体の使い方による 体のゆがみ このような要因が重なり左右の肩の高低差、常に首が傾いているなど頸椎や頭蓋骨がゆがんできて、 顎関節に負担がかかりアゴがガクガクしたり違和感を感じるようになる。 さらに顎関節の周囲の頬の筋肉も硬くなり口があけにくくなりあけようとすると痛みが生じるようになる。
おおよそこのような経過をたどりますが症状には個人差があります。

体は常に連動して動いていますので、アゴだけにとらわれず全身をみてアゴに負担をかける原因を取り除く必要があります。

頭と首を調整するだけでアゴの痛みがとれてしまうということはよくあることです。

口を開けると痛い あけにくいなど
開口障害の原因

この開口障害の主な原因は片側の顎に過剰な負担がかかって咬筋や咀嚼筋が硬縮していることが原因です。 片側ばかり噛むくせやくいしばり、首肩こりなどが要因になっています。 片側ばかり噛む癖は体のゆがみや頭蓋骨のゆがみが原因で片側ばかり噛みやすくなっているからです。 これを整えると癖は改善していきます。
歯をくいしばるくせは無意識のことが多いのですがこれは頸肩腕が疲れていたり硬縮して腕の各関節にズレが生じて発生しています。 これを解消するとくいしばるくせは改善されます。 くいしばりの癖があるからとあきらめることはありません。
解決できます。

カクカク ジャリジャリする 関節雑音の原因

この顎関節の関節雑音の主な原因は顎関節のズレです。
痛みが出る場合と出ない場合がありますが放置しているといずれ痛みが発生します。 この関節雑音は顎関節の骨と骨の間にある関節円板という軟骨がひっかかることで音が発生します。 この関節円板は前側にズレることが多く顎関節の周りの靱帯がゆるんでしまってズレてしまうことが原因です。 この場合は、咬筋咀嚼筋、首まわりの筋肉をゆるめて頭蓋骨のゆがみを整えると 改善していきます。 症状が重かったり長い期間関節雑音がしていると治るのに時間がかかります。

顎関節症を改善する当院の施術法

整体施術をする院長

体幹の軸を整える
両側の頸肩腕の筋肉筋膜をゆるめ頸肩腕の連動性をスムーズに整え 肩甲胸郭関節(背骨と肩甲骨)を調整し肩甲骨の左右差を整え頸椎のゆがみも整えます。

頭蓋骨のゆがみの調整
顎関節症の特徴のひとつに頭蓋骨のズレゆがみがみられます。
このズレが最も顎関節に負担をかけ顔のゆがみを助長します。
この頭蓋骨のゆがみを調整しながら顎関節を整え、顔のゆがみも整えます。

頭・顎・首の連動調整
口をあける閉じるという動作は頭、顎、首 これらがスムーズになめらかに動くことによって違和感なく動かせます。 この調整をして顎関節を整えます。
他、首肩こりの解消、骨盤調整、人それぞれの体にとって不調な要因になっていると思われる部位を整えます。

この一連の施術は約40分痛みや無理な矯正はありません。
何年も音がするという方でも「アゴのストレッチ」と組み合わせて施術していくと改善されます。

整体施術の症例

実際に当院にご来院いただいた方がどのような症状でどのように改善されていったか症例をご紹介します。

女性に整体施術をしている

|右顎の痛み開口障害 40代女性|

2ヶ月前くらいから右顎に違和感を感じていたが、だんだん口をあけると 痛みもでてきてかたい物も噛めなくなってきたため歯科でマウスピースをつくってもらい装着していたが症状が変わらないので来院。
状態は、右顎の痛みによる顎関節症
音はしないが中度の開口障害慢性肩こり 頭痛あり
このような症例はとても多いのですが、体の使い方のくせによる体のゆがみ、 顎への負担が重なり、顎、頬、首の深部の筋肉の硬直による発症した症例です。 顎関節の関節雑音もなく関節のズレもないので施術は体のゆがみを整え、 頸肩腕や頬筋の硬直した筋肉を緩め頭蓋骨の調整で解決します。 施術は1~4回で症状は治まります。
※効果は個人差があります。

|口があけられなくなった 30代女性|

何年も前から左顎が口の開閉時に音がするようになった
それほど痛みは感じなかったのでほっておいたらある日の食事中に急に左顎が痛くなり それから口をほとんどあけられなくなった。
状態は、左顎の痛みによる開口障害
関節雑音がある
 慢性首肩こり 頭痛あり
このような症例もとても多いです。慢性の首肩こりによる体のゆがみ、 顎への負担が重なり、顎関節がズレ、顎、頬、首の深部の筋肉の硬直による発症した症例です。
急に痛くなったのは顎関節が強くズレたからです。
施術は顎関節、頭蓋骨の調整、体のゆがみを整え、頸肩腕や頬筋の硬直した筋肉を緩め首肩こりを快方して解決します。
施術は2~4回で痛みのほうは治まります。
関節雑音をおさえるには指導するストレッチと併用して数回の施術が必要です。
※効果は個人差があります。

|カクカク音がする 10代女性|

2~3ヶ月前くらいから口の開閉時にカクカク音がするようになった
痛みはなかったのでほっておいたが治る感じがしなかったので歯科医へ受診。 自律神経失調症、精神的なものという診断で特に治療はなし。
当人は高校生で、母親がよく来院されていたので連れてきた
状態はクリック音があり多少の開口障害
このような症例はスマホの不良姿勢または勉強中の姿勢に問題があると思われます。 首が傾き左右の首のこりの差が大きく頭頚部はガチガチにこわばり体幹のゆがみも大きく長時間の同一姿勢が原因で顎に負担がかかったと推測されます。 このような症例は、頭頚部を緩め体幹のゆがみを整えると自ずと顎関節の問題は解決します。
施術は初回から効果を感じますが、カクカクするクリック音がなくなるには4~6回ぐらいの施術になります。
この症例の方は4回の施術でクリック音は消えました。
※効果は個人差があります。

|顎が左右にずれる感じ 20代女性|

数年前から口の開閉時に右側の顎がカクカク音がするようになった
痛みはなかったので放置していたら音がなると時に下顎が左右にカクッとずれるような感じになってきた
顔の下顎も右側にゆがんできているのであきらかに悪化している感じなので歯科医にみてもらいマウスピースをしばらく装着していたがよくなる感じがしないので来院。
クリック音と同時に左右にカクッとぶれるのは顎関節の関節円板がズレてひっかかるため発生します。 典型的な顎関節症です。
このような症例は関節円板のズレを矯正しないと治りません。 まず右顎に負担をかけてる頭蓋骨や頸椎のゆがみを整え筋肉の硬直を緩めます。顔のゆがみの矯正もおこない、右の顎関節に負担をかけている要因を解消します。
関節円板のズレを改善する矯正ととても効果のある簡単なストレッチをお教えしますので施術と併用しておこなうことで快方されます。 このような症例は、発症してどれくらいなのかが治るまでの期間に影響してきます。
顎に違和感を感じたら早めに施術を受けましょう。
※効果は個人差があります。

|どこへ行ってもよくならない顎 30代男性|

顎のカクカクするクリック音は高校生くらいからで10年以上
それほど痛みは感じないが口は大きくあけることはできない。 大人になってから口腔外科でマウスピースや歯並びの治療などうけたが変わらないので 他の整体院に行ってみたがやはり変わらないので当院へ来院。
状態は関節雑音と開口障害
このような症例のように10代の頃からもう何十年も顎に違和感がある、クリック音があるという方は多いです。 痛みで困るというほどでもないので放置している、あるいは治したい気はあるもののどこへ行っていいかわからないというところですね。 このような症例は顎ばかりみているので解決しません。 顎の違和感は結果論で他の部位に問題がありその影響で顎に不調をきたしているということです。 だから関節雑音はあってもそれほど痛みまでは感じないのです。 この症例の方は、ふだんから首肩こりに悩まされて頸椎ヘルニアにもなったことがあり頸肩腕はガチガチに深部までこりかたまっていました。 症状がでたころから姿勢が悪くゆがみや首肩こりがあり顎はその影響をうけたものと思われます。
臨床経験上、顎の不調は首肩背中の影響をうけていることがほとんどです。 この場合は、頸肩腕のズレを整え深部のこりを緩め、ゆがみを正し、顎の頬筋や側頭筋を緩める施術で快方にむかいます。
週一ぐらいのペースで2~3ヶ月ぐらいで治まります。
※効果は個人差があります。

ここまでお読み頂きましてありがとうございました。
顎の痛み 音がする 口があけにくいなどの症状でお悩みでしたら
松本市のぞみ整体院で解決しませんか!

当整体院の施術をうけられた方の声をご紹介します。ご確認ください。

 顎関節症の整体施術を受けられた方の声

|コラム一覧|

整体師の観点から今までの施術実績と経験を基に顎関節症について解説します。 一般常識とは違う解説になりますので参考にしてください。

施術の流れ

ご来院からお帰りまでの大まかな流れをご案内しています。
ご参考までにご覧ください。

施術の流れ

アクセス・駐車場について

   ■松本市沢村2-15-11 のぞみ整体院
   ■松本駅より車で約15分

マップ

   ■デリシア桐店より徒歩5分
   ■信州大学西門より徒歩10分

看板

西側(こまくさ通り)よりお越しの方
信号を曲がって100m程行くと左側に上記の看板がみえますので直進して30m先を左折してください。

看板

東側(信大方面)よりお越しの方
三差路をこえてすぐ右側に上記の看板がみえますので右折してください。

整体院の入口

※ご予約されている方は、
ご来院の際チャイムやノックは不要です。
施術中にチャイムがなると施術を中断して対応することになります。
ご遠慮なくお入り下さい。

  ライン予約

タッチするとLINEの友達追加画面に切り替わります。

LINE予約

■来院歴(初めて・来院歴あり)
■お名前
■ご予約の希望日時、お問い合わせなどご連絡ください。 折り返しご返信します。
 キャンセルはお電話でお願いします。
※LINEはタイムラグが発生するのでキャンセルは受付けません。
       のぞみ整体院

運営者情報

院長
 のぞみ整体院 小林賢一郎

平成19年松本市沢村で開業。
整体施術歴20年の経験と知識をもとにみなさまの健康にお役に立つ情報を発信したいと思います。

長野県松本市沢村2-15-11
TEL:0263-33-2070