脊柱管狭窄症回復専門整体

脊柱管狭窄症の専門施術は整体の手技のみで足腰の痛みしびれを痛みなく無理なく改善させ歩行痛を解消する療法です。
どこへ行っても良くならない 何をしても良くならない 足腰の痛みしびれでお悩みならのぞみ整体院にお任せください。
・お尻から太もも裏が痛い ・前屈みでないと歩けない ・足がしびれる このような症状を痛みなく無理なく解消します。

脊柱管狭窄症とは・・・?

腰をおさえているご年輩女性

脊柱管狭窄症は、背骨の脊柱管というトンネル状になっている構造の管に神経の束が通っています。 この脊柱管がさまざまな要因で狭くなり神経が圧迫され痛みやしびれを引き起こす症状です。 さまざまな要因とは、加齢や腰部の酷使による腰椎(骨)の変形や靱帯の変形(肥厚)などです。
脊柱管狭窄症は座っていたり休んでいると痛くなく歩き始めると足腰に痛みシビレが発生し 歩けなくなりまた休むと痛みが治まり歩けるようになる間欠性跛行と前屈みの姿勢がラクという特徴があります。

一般的な治療

薬注射イメージ

専門医は整形外科や外科になります。主にブロック注射 鎮痛薬 電気療法など 湿布をして安静、 経過観察が一般的な治療法です。
症状が悪化すると手術対象になります。
整体では殿部や脚の深層筋の硬縮の解消、骨盤や股関節のゆがみの矯正で、痛みしびれを改善させます。

脊柱管狭窄症の専門整体では
このようなお悩みを解決します

注射のイメージ

歩ける距離、時間が短くなってきたが注射や薬に頼らず改善したい

脊柱管狭窄症の症状は徐々に進行していくので歩ける距離時間とも短くなってきます。
しかし骨盤のゆがみを整え骨盤周りのこり固まった深層筋を緩めることによって改善することが可能です。
歩く距離が少しでも長くなることで下半身の血流がよくなり痛みも軽減してきます。

前屈みの姿勢がラクだができればしっかりと背筋を伸ばしたい

前屈みの姿勢になると痛みが軽減するのは、前屈みになることによって脊柱管が広がり神経圧迫が軽減するからです。
しかし、骨盤の位置を矯正し股関節やお尻周りの筋肉を緩めることによって背筋を伸ばしても痛みがでないようにすることは可能です。
これは整体のような手技療法しかできないことです。

足が痛いご年配女性
足が痛そうに歩く女性

痛みが強く買い物など日常生活に支障がでている

脊柱管狭窄症は、薬や湿布で痛みを抑えようとしても進行していく症状なので足腰の痛みも強くなってしまいます。
さらにお尻や股関節周りの筋肉も緊張して硬く縮んでしまうため痛みも強くなっていきます。 このこり固まった筋肉を緩めることによって痛みの軽減が可能です。

いろいろな治療や施術ををうけているがよくならない

当院の脊柱管狭窄症に対する施術は、身体、骨盤のゆがみを整え背中足腰の拘縮した筋肉を緩め全身を調整していきます。
他院とは違うアプローチになり改善実績も多数ありますので一度うけてみて体感してください。

施術をうけている男性
仕事をしている夫婦

まだ仕事もしたい 旅行も楽しみたい

脊柱管狭窄症は、痛い足腰ばかりに目を向けているので改善しにくいのです。
薬で痛みを抑えるのではなく、しっかりと全身調整をすることによって神経圧迫が軽減し、全体の血流が良くなり動きやすい体にもどります。
長年、いろいろな症状の方をみてきましたが当整体院の施術は体全体の調子がよくなるので動ける体に回復させます。

足腰の痛みを解決する整体施術

院長の顔

松本市のぞみ整体院の小林です。
当整体院では器械や道具などは一切使わないオールハンド完全手技の施術をしています。
開院して17年、施術実績40000件以上の施術実績があります。
この間さまざまな脊柱管狭窄症の方を何人も施術させていただいております。
脊柱管狭窄症は
骨盤や股関節のゆがみ、足首のゆがみ、 お尻の深層筋や足腰の筋肉の硬縮血流障害など起因になって痛みシビレを発症しています。
骨が変形しているから治らない・・
トシをとったから治らない・・
治療しているが一向に改善しない・・と
悲観することはありません。
骨盤 股関節 足首の各関節のゆがみを整え お尻の深層筋を緩め血流障害を快方すると痛みやシビレは改善し歩ける距離も長くなって動けるようになります。
電気療法や注射、鎮痛薬ではこれらの改善はできません。
整体手技だからできることです。
いろいろな治療をうけてみたけどよくならない、もう何年も足腰の痛みに悩まされている、 このような方が当院の施術で改善されています。
ボキッボキッしない、痛くない無理のない施術で快方します。
のぞみ整体院にお任せください。

整体からみる脊柱管狭窄症

施術イメージ

脊柱管とは背中、腰、お尻にかけてついている背骨の中の空間です。
その脊柱管の中を脊髄神経が通っています。この脊柱管が老化や腰への負担が原因で骨や椎間板の変形、 靱帯の肥厚によって狭窄され神経を圧迫し、足への痛みしびれを起こします。
座っていたり休んでいると症状はなく歩行時も前屈みの姿勢がラクという特徴があります。

この前屈みの姿勢がラクというのは、骨盤がゆがみ、 股関節の軸がズレているために腰を伸ばそうとすると痛みが発症してしまうのです。
この骨盤のゆがみ股関節のズレは長年の体のかたよった使い方のくせが原因で殿部の深層筋がこり固まり両足のバランスをくずしてしまっているからです。
そして殿部の深層筋がこり固まっているために血流障害がおきてしびれを発しています。
しびれは長期間に及ぶと回復が困難になります。
座っているとき休んでいるときは骨盤や股関節に負担がかからないから症状はでないのです。
これらの問題を手技で解決することによって再び長い距離長い時間の歩行が可能になります。

変形した骨や肥厚した靱帯をもどすことはできませんが上記のような整体手技でゆがみ、 こりを解消することによって痛みしびれを緩和消失することができます。
湿布をはって休む、電気療法、鎮痛薬を飲んで様子をみる このようなことではよくならないということは脊柱管狭窄症を患っている方なら実感されていることでしょう。
症状がひどくなって完全に手術の対象になってしまうと整体では回復が困難になりますのでお早めに施術をお受けください。

脊柱管狭窄症の整体施術の症例

整体施術

歩行時に右足全体が痛くなってくる 60代男性

買い物をしたり散歩するとなんとなく右足が痛くなり少し休むとよくなりまた歩き出すと痛くなるという状態がしばらく 続いていたので自分でネットなどで調べてみたら脊柱管狭窄症ではないかと思って、整形外科に受診。 やはり脊柱管狭窄症だった。
鎮痛薬と血流がよくなる薬を処方され経過観察
まだやりたいこともあるし早く治したいという思いで当院に来院。
脊柱管狭窄症の典型的な症状。
この方のような症例は、60代ということでまだ若く、回復力があるということと今回このような痛みは初めてということなので 早期の回復、痛みの消失が可能と診ています。
以前に坐骨神経痛やヘルニアなどの病歴があると回復に時間がかかることがあります。
これは私のいろいろな方をみさせていただいた施術経験から言えることです。
この方は見立て通り順調に回復して4回の施術で痛みは消失しました。
足首、骨盤、股関節の調整、殿筋の硬縮の解消、やるべきことをやれば痛みは消えます。
通常の目安は4~5回くらいで改善していきます。
※効果は症状や個人差があります。

突然 足腰の激痛におそわれた 60代男性

普通に生活していたのにある日仕事中(デスクワーク)に右側の腰からお尻、太もも側面にかけて痛み出した。 体を動かしたりして様子をみていたらどんどん痛くなり動けないほどの激痛になった。
すぐに整形外科に受診。脊柱管狭窄症の診断。とりあえず注射をうってもらい安静にしていた。
それから3日たったが状況が変わらないので当院へ来院。

私の見解では脊柱管狭窄症で突然激しい痛みに襲われることはあまりない。 たしかに脊柱管狭窄症の所見はあるのだろうけど痛みの原因は他にあるという見方をします。
おそらくギックリ腰をやって坐骨神経痛も発症して激痛におそわれた、これが痛みの原因、病院で検査したら脊柱管狭窄症の所見がみられた、 こんな感じだと思います。 患者さんにしてみたら何でもいいからこの痛みをなんとかしてほしいというところでしょう。
このような症例はまず激痛をラクにする手技で少しでも痛みをおさえます。そういう秘策があります。
あとは坐骨神経痛を解消する施術で徐々に回復させます。
結局、4回の施術で痛みは消失しました。
脊柱管狭窄症の所見があっても痛みの原因は他にあるという典型的な例で、このような症例もよくあります。
※効果は症状や個人差があります。

ヘルニアと狭窄症を発症 50代女性

4~5年前に椎間板ヘルニアを患い左側の腰からお尻、太もも後面、 ふくろはぎ足先まで痛みとしびれに悩まされていたことがあったがそれは徐々に治まってきたが完治せず 左側の足腰の鈍痛、足のしびれは残ったままの状態で過ごしてきた。 そして再び左側の足腰が痛くなってきたので整形外科へ受診。
MRI画像でヘルニアと脊柱管狭窄症の所見があるとのことで、ブロック注射、鎮痛薬と湿布で経過観察。
症状が変わらず再びブロック注射を打ってみたが変わらない。 手術をすすめられていたが手術を受けたくないので当院へ来院。
状況としてはとても厳しい症状ではあるもののやるべき施術をすれば痛みの軽減は可能だが、 しびれのほうは何年もたっているので難しいと思われる見解。
ブロック注射は効かなくても整体施術は効くという実績はあるので痛みの軽減は可能。
見立て通り回復していき4回の施術でかなり痛みは軽減、その後も施術を続けた。
その日によって良かったり悪かったりはするものの手術は回避、病院通院もやめて、 通常の生活に支障がないレベルまで回復。
再び痛みに悩まされたくないので月に1回ぐらいのペースでメンテナンスに来院して現状維持。
※効果は症状や個人差があります。

買い物がつらい 70代女性

3年ほど前に歩行時になんとなく左足が痛くなり休むとまたよくなるの繰り返しで徐々に痛みが強くなりしびれも伴い歩行時間距離も短くなってきたので整形外科へ受診。 脊柱管狭窄症の診断。鎮痛薬と血流がよくなる薬で経過観察。できるだけ安静にして休むように指示された。
しかし日常生活で買い物に行ったり家事などやることもあり休んでもいられず、少しでもラクになればと当院へ来院。
脊柱管狭窄症の特徴の間欠跛行に悩まされているということです。
このような症例は足首、股関節、骨盤の連動をスムーズにする施術で徐々に改善します。
即効というわけにはいかないのですが確実に歩ける距離時間とも伸びていくことは可能です。
多少良かったり悪かったりを繰り返す日々が続きますが全体的に改善していき歩行時も気にならないレベルまでになります。 週一回くらいのペースを目安に2~3ヶ月ぐらいの施術でよくなっています。
※効果は症状や個人差があります。

畑仕事、農作業をしたい 70代男性

若い頃より慢性腰痛ではあったが動けないほどのことはなく、今回は腰痛と左側のお尻から足にかけて痛みがでてきた。 農作業はなんとかできるものの休み休みじゃないとできなくなり、整形外科へ受診。 ご本人も予想していた通り脊柱管狭窄症の診断。まだやりたいこともあるし手術は避けたいとのおもいで当院へ来院。
知人に脊柱管狭窄症の手術をされた方が数人いて予後の状態がよくないらしく手術だけはしたくないという考えが強く、 よくなるためなら何でもするというスタンスです。
このような考え方の人はよくなるためなら積極的に何でもするのでよくなる可能性が高いです。
当院では施術の他に毎日やったほうが良いストレッチなど指導するのですがこういう方はしっかりやるのでみるみるよくなってきます。
本来、脊柱管狭窄症の足腰の痛みは、運動療法やストレッチだけでも充分少しずつ改善していく症状なのです。
毎日農作業を続けていても週一回くらいのペースを目安に2ヶ月ぐらいでよくなっています。
※効果は症状や個人差があります。

ここまでお読み頂きましてありがとうございました。
脊柱管狭窄症でお悩みでしたら のぞみ整体院で解決しませんか!

当整体院の施術をうけられた方の声をご紹介します。ご確認ください。

脊柱管狭窄症の施術を受けられた方の声

|脊柱管狭窄症のコラム一覧|

整体師の観点から今までの施術実績と経験を基に脊柱管狭窄症について解説します。 一般常識とは違う解説になりますので参考にしてください。

施術の流れ

ご来院からお帰りまでの大まかな流れをご案内しています。
ご参考までにご覧ください。

施術の流れ

アクセス・駐車場について

   ■松本市沢村2-15-11 のぞみ整体院
   ■松本駅より車で約15分

マップ

   ■デリシア桐店より徒歩5分
   ■信州大学西門より徒歩10分

看板

西側(こまくさ通り)よりお越しの方
信号を曲がって100m程行くと左側に上記の看板がみえますので直進して30m先を左折してください。

看板

東側(信大方面)よりお越しの方
三差路をこえてすぐ右側に上記の看板がみえますので右折してください。

整体院の入口

※ご予約されている方は、
ご来院の際チャイムやノックは不要です。
施術中にチャイムがなると施術を中断して対応することになります。
ご遠慮なくお入り下さい。

ライン予約

タッチするとLINEの友達追加画面に切り替わります。

LINE予約

■来院歴(初めて・来院歴あり)
■お名前
■ご予約の希望日時、お問い合わせなどご連絡ください。 折り返しご返信します。
 キャンセルはお電話でお願いします。
※LINEはタイムラグが発生するのでキャンセルは受付けません。
       のぞみ整体院

運営者情報

院長
 のぞみ整体院 小林賢一郎

平成19年松本市沢村で開業。
整体施術歴20年の経験と知識をもとにみなさまの健康にお役に立つ情報を発信したいと思います。

長野県松本市沢村2-15-11
TEL:0263-33-2070