ギックリ腰

1.ギックリ腰をきっかけに椎間板ヘルニアに

ギックリ腰は腰の状態がよくない弱っている状態の時に急に立ち上がったり何か物を持ち上げたとき体をひねったりしたときなどに発生します。
ギックリ腰をおこした瞬間あるいはしばらくしてから左右どちらか片側のお尻や足に痛みやしびれが発生し動けないような状態になるとヘルニアも発症したと思われます。
ギックリ腰もいろいろなパターンがあるのですが、ふだんから体を酷使している方や長時間の不良姿勢、 ギックリ腰を何度も起こしている方はギックリ腰をおこした瞬間に腰椎の椎間板が飛び出し足のほうまで痛みしびれが発生する椎間板ヘルニアを発症しやすいです。
ヘルニアを発症したギックリ腰は通常のギックリ腰と違いしばらく足腰の痛みが続き炎症が強いと注射や鎮痛薬も効きにくく日常生活や仕事など支障がでてくることが多いです。

2.ヘルニアとギックリ腰は別物

ギックリ腰になって病院へ行き腰椎椎間板ヘルニアの診断を受けるとギックリ腰になるとヘルニアになると思われがちですがそうとは限りません。
ギックリ腰はいろいろな種類があり、 たとえば日頃あまり動かない運動不足の人が不意に動くと腰の筋肉がつったりけいれんをおこすことがあり急激に腰が痛くなることがあります。
しかしヘルニアまではなりません。
ヘルニアは腰痛だけでなく足のほうまで痛みしびれがでる坐骨神経痛を発症する特徴があります。 症状によっては腰痛だけで坐骨神経痛まで発症しないこともありますが、腰痛と坐骨神経痛を発症するとほぼヘルニアになったと判断できます。

3.ギックリ腰とヘルニアの治し方

ギックリ腰は、ほっておいても自然治癒します。症状によってはなかなか治らないこともありますが通常1~2週間ぐらいで完治します。
受傷してから1~2日くらいあまり動かず安静にして3日目くらいからストレッチなど少しずつ動いた方が治りは早いです。
とにかく早く治したいという場合は、整体など利用するのが良いでしょう。 整体に行けば一発で治ると思う方もいらっしゃいますがすぐよくなるならないは症状によります。
受傷してすぐ整体を受けるよりも翌日に受けるなど少し間をあけた方が治りが早いです。
ヘルニアの場合は、ほっておいても治療を受けても長くかかります。
ギックリ腰をおこしてヘルニアも併発してしまったタイプのヘルニアは受傷直後は動けないほど激痛におそわれますが、 2~3日安静にしているとわりと動けるまでに回復することが多いです。
まれにそのまま全然動けなくなって入院される方もいますが、動けるようであれば少しずつストレッチをして筋肉を和らげた方がいいです。
しばらくは腰をコルセットで保護して状態をみながら少しずつコルセットを外す時間を増やしていきましょう。 コルセットをしていると少しラクなのですがずーっとしていると腰の筋肉が衰えてしまうので回復したら完全に外すことをおすすめします。
整体での治し方は下記の関連記事の椎間板ヘルニアのページをご参照ください。

椎間板ヘルニア 腰痛でお悩みでしたら
松本市のぞみ整体院で解決しませんか!

●関連記事

⇒椎間板ヘルニアを改善する整体施術
⇒腰痛を改善する整体施術
⇒坐骨神経痛を改善する整体施術

施術の流れ

ご来院からお帰りまでの大まかな流れをご案内しています。
ご参考までにご覧ください。

施術の流れ

アクセス・駐車場について

   ■松本市沢村2-15-11 のぞみ整体院
   ■松本駅より車で約15分

マップ

   ■デリシア桐店より徒歩5分
   ■信州大学西門より徒歩10分

看板

西側(こまくさ通り)よりお越しの方
信号を曲がって100m程行くと左側に上記の看板がみえますので直進して30m先を左折してください。

看板

東側(信大方面)よりお越しの方
三差路をこえてすぐ右側に上記の看板がみえますので右折してください。

整体院の入口

※ご予約されている方は、
ご来院の際チャイムやノックは不要です。
施術中にチャイムがなると施術を中断して対応することになります。
ご遠慮なくお入り下さい。

ライン予約

タッチするとLINEの友達追加画面に切り替わります。

LINE予約

■来院歴(初めて・来院歴あり)
■お名前
■ご予約の希望日時、お問い合わせなどご連絡ください。 折り返しご返信します。
 キャンセルはお電話でお願いします。
※LINEはタイムラグが発生するのでキャンセルは受付けません。
       のぞみ整体院

この記事を書いた人

院長
 のぞみ整体院 小林賢一郎

平成19年松本市沢村で開業。
整体施術歴20年の経験と知識をもとにみなさまの健康にお役に立つ情報を発信したいと思います。

長野県松本市沢村2-15-11
TEL:0263-33-2070